障害年金申請サポート名古屋  【愛知県・岐阜県・三重県】

障害年金あきらめてませんか?愛知県名古屋市、一宮市を中心に障害年金を専門とする社会保険労務士が障害年金の申請をサポートします。

メインイメージ

初回相談無料 障害年金の申請は最初から専門家へ

 

着手金0円の完全成功報酬制!!

一人でも多くの方に障害年金を届けたいという思いから、現在、着手金無料の完全成功報酬制を実施しています。

 

障害年金の申請を進めていくと際には、不確かな情報に振り回されたり、何度も年金事務所へ足を運んだり、書類集めや診断書の訂正に疲れてしまう・・・

 

など、多大な労力や精神的ストレスを伴います。

複雑で難解な障害年金は最初から専門家に依頼したほうがスムーズです!

 

障害の状態が人それぞれのように、障害年金の請求にあたっても「誰かと同じ」ということは、ありえません。

 

そのため、当事務所では、ご依頼者の方へ親身になってじっくりとお話しさせて頂きサポートさせて頂いております。(全国対応)

 

障害年金とは、働けない場合や労働に支障をきたす場合、また、日常の生活を送ることが困難である場合に支給されるものです。

 

☑ 障害者手帳を持っているのに障害年金をもらっていない。

☑ 人工透析を受けているのに障害年金をもらっていない。

☑ ペースメーカーを入れているのに障害年金をもらっていない。

☑ 人工関節を入れているのに障害年金をもらっていない。

☑ うつ病で通院しているのに障害年金をもらっていない。

 

など、上記以外でも、多くのケガや病気が障害年金の対象となります。

 

また、無料相談(初回のみ)を行ってますので、

 

自分で申請するのが不安なので障害年金専門の社労士に依頼したい。

自分の状態は障害年金に該当するのか?

自分で申請したが不支給になってしまった・・・

 

という方は、電話、メールでの相談を無料で受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。(65歳未満の方に限ります)

 

 

                ご依頼者さまの声

              

 

 

着手金0円の完全成功報酬制でのご依頼も承ってます。(毎月7名様限定)

まずはご相談ください。今すぐお電話を。

    

 

 

ホントに最初は自分で申請するんですか?

 

当事務所によくあるお問い合わせが・・・

 

「自分で申請をしたのですが不支給決定になってしまいました。どうすればよいでしょうか?」

 

というお問い合わせが非常に多いです。

 

法手続きのお話しをしますと

 

不支給決定になってしまった場合や、決定された等級や内容に納得がいかない場合、「不服の申し立て」を社会保険審査官、社会保険審査会に対して行うことができます。

 

この手段としては「審査請求」と「再審査請求」があります。
審査請求は、結果を知った日から60日以内にしなければなりません。

 

この不服申立てを行うことによって認められることも稀にあります。

(さらに時間も書類も必要ですが)

 

しかし・・・考えてみて下さい。

 

役所が役所で決定した結果を「すいません、間違えでした」と簡単に認めるでしょうか?

 

 行政側の立場になって考えると、難しいですよね。

ですから、1度、不支給になった請求の再審査は、厳しくなりますし、行政の決定を覆すのは、容易ではありません。

 

このようなことを考えると最初の申請段階から、障害年金専門の社会保険労務士にご依頼されたほうが懸命だと思います。(多数の相談を受けていてホントにそう思います)

 

申請することですか?それとも受給することですか?

 

申請することは誰でもできます。

 

年金事務所に何度も何度も通って、よくわからない専門用語や自分で作成するのには大変な申立書を書いたり、事務的な年金事務所職員にイライラしながら書類を作ったり、集めれば「申請」はできます。

 

しかし、申請=受給 ではありません。

 

申請したからといって認定基準に該当しなければ支給されません。

 

せっかく、苦労して何度も何度も年金事務所に通って、よくわからない説明を聞いて、めんどうな申立書を自分で書いて、申請しても、認定基準や申立書、書類の整合性等がしっかり作成できてなければ3~4カ月後に手元に届くのは、

 

「申請は却下します」という通知です。

 

初診日の要件だったり、保険料の要件だったり、障害認定基準を全部把握、認識したうえで、全体の請求方針を立案するのは、初めて申請する方には、ほぼ不可能だと思います。

 

この認定基準が複雑で難解なんです。

なぜなら、専門用語のオンパレードですし、一般の方には法律要件を読み解くのは、なかなかできないからです。

 

ですので、「受給」を目指すのなら、最初から全体の流れを考え、請求方針を立案して申請するこが必要です。

 

イヤ、でも役所に聞けばなんとかなるんじゃないの?

 

市役所や年金事務所で「障害年金を申請したいのですが・・・」と相談すれば、申請のための相談に“事務的に”対応してくれます。

 

「じゃ、まず、この書類を取ってきてください」

「じゃ、次はこの書類を・・・」

 

初めから全部の書類を渡してくれませんし、請求の流れ全体を考えて個別に相談には乗ってくれません。

 

なぜなら、

 

「公平・中立」でなければならない行政窓口では、認定基準に該当しているかどうかなどの”個別”のアドバイスや指導などは行われてない(行えない)のが現状だからです。

 

申請を進めていくとホントにいろんな疑問や問題が出てきます。

 

「この場合の初診日はどうなるんだろうか?」

「申立書っていったいどうやって書くのだろうか?」

「申請する書類をどうやって整備したらいいんだろう?」

「年金事務所との対応、やりとりが大変・・・・」

 

不安や心配、大変さでくじけそうになってしまう方がほとんどです。

そりゃ、初めて申請するんだから当然です。

 

また、心や健康面に不安がある時は、文字を読んだり、書いたり、理解することが難しい時があったり、何度も年金事務所に行くのが大変だったり、申請のための時間がとれなかったり、よくわからないので言われるがまま書類を提出して、

 

結果、「不支給」

 

となってから、ご相談に来られる方が非常に多いです・・・

 

「最初から依頼しておけば良かった・・・・」

 

これは、当事務所にご依頼されて受給された方からの率直なご感想です。

 

こういったことから、複雑で難解な障害年金の申請においては、あなたの立場になって受給の可否を含め、全体の請求方針を立案してくれる専門家に最初から依頼する方が多くなってます。

 

 

障害年金の専門家ってどんな人?

 

年金というと「社会保険労務士」が思い浮かぶ方も多いと思います。

 

一般的に社会保険労務士(社労士)は、労働・社会保険に関する法律、人事・労務管理の専門家として、採用から退職までの労働・社会保険に関する諸問題に対応する、「国家資格者」です。

 

ひとくちに「労働」・「社会保険」といっても取扱う業務は多岐にわたります。

就業規則、社員教育、助成金、人事制度、労働問題、社会保険手続き、給与計算

・・・etc

たくさんの分野があります。

 

風邪なら内科。

耳が痛いなら耳鼻科。

手術なら外科。

歯が痛くなったなら歯医者。

 

医師に専門分野があるように、社労士にも専門分野があります。

しかし、社会保険労務士の中でも障害年金を専門としているのはごく少数です。

 

95%以上の社労士は会社(法人)の手続きや労務相談を行うことをメインとしており、個人の相談、特に開業当初から障害年金を専門で行っている社会保険労務士は全国23,000人の開業社労士の中でもおそらく、100人にも満たない状態です。

 

障害年金専門の社会保険労務士、年間相談400件以上の実績

 

当事務所は、開業以来、障害年金を専門として行っている、全国でも数少ない社会保険労務士事務所です。

 

そのため事務所がある愛知県、東海三県だけでなく、大阪、沖縄、兵庫、埼玉、福島、長野など全国から申請代行依頼を頂いております。

 

また、ご相談、ご依頼頂いた案件につきましては、障害年金専門の社会保険労務士で当事務所の代表である、宮地がすべて対応させて頂きます。

 

一般のスタッフが対応するということはなく、ご依頼頂いた案件につきましては、最初から最後まで、障害年金専門の社会保険労務士として、当事務所の代表がしっかりと対応させて頂きます。

 

代表プロフィール

 

ご相談、ご依頼はこちら 

    

 

 

ご依頼者さまの声

愛知県 女性

最初、自分で申請して不支給になり、宮地先生に依頼をして 結果、予想以上の良い結果が出て非常に満足しております。

セキララ社労士事務所に依頼し、本当に感謝して心からありがとうございました。

と伝えたい気持ちでいっぱいです

 

愛知県 女性

お忙しい中、私たち親子にかわり動いてくださり本当にありがたかったです。

遡及請求を提案してくださり、私達ではとても認めてもらえなかったと思うので本当に感謝しています。

 

福島県 男性

結果、見事に年金を受けられ、自分の力では到底無理だったと思います。

先生の力があってこその結果なので、本当に良かったです。

 

長野県 男性

依頼してからは、どんな書類が必要か明確になり、申請するまでスムーズに出来ました。

また、どんな質問にも、すぐに問答がえられて、とても安心しました。

 

愛知県 男性

事故後は絶望のふちにたたされていました。

でも、今は障害年金を認めてもらえ、また、生き直してみようという気持ちになりました。

宮地先生のおかげと感謝しています。

 

三重県 女性

本当に本当に本当に良かったです!!

宮地先生でなければこの結果はありえなかったと思います。

 

  ご依頼者さまの声

 

 

 

障害年金を申請すべきではないかと思って・・・。

 

障害年金をめぐって、よく誤解されていることのひとつに、障害年金は国の特別な保護であるといったものがあります。

医師の中にも、障害年金の受給を考えている方の中にも、そのような誤解はあるようです。

 

ですが、年金は社会保険、いわゆる「保険」です。

 

基本的には保険料を納め、保険給付に該当する状態が起こったときに給付を受けます。

年金で対象となるのは「老齢年金・障害年金・遺族年金」です。

ですので、請求することができる際に、年金を請求するのは当然の権利なのです。

 

実際、「請求するのに引け目を感じる・・・」という方はいらっしゃいます。

ですが、この制度は「保険」ですので、生命保険や損害保険、自動車保険を例にしてみると、よくわかると思います。

 

医療保険にしろ、生命保険にしろ、自動車保険にしろ、保険契約をして、保険料を支払う。

 

たとえば医療保険であれば、対象である「入院」や「病気」などが起これば、保険会社に請求する。

 

たとえば生命保険であれば、「死亡」に対して、大切な人の今後のために、生命保険を請求する。

 

たとえば自動車保険であれば、「自動車事故」が起こったときには、やはり保険会社に請求する。

 

生命保険や医療保険、自動車保険を請求する際には、引け目など感じないはずです。

そのための保険なのですから。

 

障害年金も、基本的には同じ仕組みです。

公的年金(保険)に加入し、保険料を支払う。

保険の対象が起こった際に、保険給付である「年金」を請求する。

そのための保険ですからね。

 

考えてみると当然の流れですよね。

厚生年金なら毎月15,000円~20,000円以上、国民年金なら毎月約15,000円以上の保険料を払っているわけですから。

年間にしてみると約20万円~30万円以上「保険料」を払っている「保険」なんです。

 

僕自身、数多くの方の申請のお手伝いをさせて頂いてますが、請求できる状態や審査の土俵にのれる状態であれば、しっかりとされたほうが良いです。

 

なぜなら、それは「保険」だからです。

要件に該当すれば、しっかりと保険給付が受けられるというのが「保険」です。

 

あと数か月の保険料の差で請求できなかったり、該当する案件でも病院が廃院になって診断書が取れなかったりということで、該当するのに請求も審査の土俵にも上がれないという事案も多々あるからです。

 

こういった方は、法律の中の制度ということで非常に歯がゆいんですが、ほんとうに残念で仕方ありません。

 

請求手続きは、たくさんの書類が必要で複雑な内容のものが多く、申請の段階から障害年金の専門家に依頼することをお勧めします。

 

障害年金は、障害で日常生活を送ることが困難になってしまった方の所得の代わりとなるものです。

 

当事務所では、障害年金を受給することによって、1人でも多くの方が安心して生活していけるように全力でサポートします。

 

着手金無料の完全成功報酬制

1人でも多くの方が安心して生活できるように、1人でも多くの方に障害年金を届けたいという想いから、現在、着手金 32,400円 無料の完全成功報酬制を行っています。

 

成功報酬につきましては、

「年金2ヶ月分(加算分含む)+消費税」または

「初回振込額の10%+消費税」のいずれか多い額を頂いております。

 

例えば・・・

障害基礎年金2級の場合ですと、年額772,800円支給されます。(平成26年度)

1ヶ月分の額は64,400円となりますので、成功報酬額につきましては 2ケ月分=約139,000円(税込)となります。

厚生年金の場合は掛けている保険料にもよりますが、障害厚生年金2級で1ヶ月約90,000円~支給されます。

※遡及成功の場合は「初回振込額の10%(税別)」と比較し多い額となります。

 

また、成功報酬は、実際に年金がご入金された後のお支払いとなります。

通常、審査に3~4ヶ月かかるため、受給決定の際には、3~4か月分の年金が初回に振り込まれます。

その中より原則お支払い頂ける金額となります。

 

 申請手数料についてはこちらをご覧ください

あきらめない、希望の障害年金

どんなに手を尽くしても、心や健康を害してしまうこともある。

そして、障害を抱えると治療だけでなく日常生活にも経済的負担がかかる。

そんな時、障害年金は経済的な安定に繋がり、精神的な支えにもなる。

1人でも多くの人に今が辛くても

”人生で最悪だと思えた出来事が、その後の人生の最良のきっかけになっている”と将来、思ってもらえたら・・・

 

当事務所では1人でも多くの方に障害年金を届けたいという想いから、当事務所へご依頼される方に対して、7つの“安心サポート”を行っています。

 

1.着手金32,400円が無料

(※当事務所に最初の申請からご依頼頂く場合です。)

 

2.申請手数料は年金が支給された場合のみ、完全成功報酬制。

 

3.診断書作成依頼文、無料。

 

4.申立書作成、無料。

 

5.年金事務所対応サポート。わずらわしい年金事務所との対応は必要ありません。

 

6.ご依頼案件は、何度でも、ご相談無料。

 

7.審査請求費用54,000円が無料。

(当事務所に初回から依頼された場合で、当事務所が審査結果を不当と判断した場合に限ります。)

 

 

障害の状態が様々なように、障害年金の請求にあたっても「誰かと同じ」ということは、まず、ありえません。

 

そのため、一人一人じっくりと対応させていただくことから、申請のご依頼につきましては、

毎月7名様限定とさせていただきます。

 

申し訳ございませんが、1ヶ月 7名様を超えた場合には、申請のご依頼をお受け致しかねますのでご了承ください。

 

当事務所では、障害年金を受給することによって、1人でも多くの方が安心して生活していけるように全力でサポートします。

 

障害年金専門 社会保険労務士

宮地 昭光

 

 

まずは、無料電話相談、無料メール相談にて、お気軽にご相談ください。(初回相談無料)

     

(ご面談中、外出中等のため電話に出られない場合があります。その際は、お手数ですが、再度、お電話頂くか、メールでのご相談をお願い致します。)

※65歳未満の方に限ります。

ご相談からサポートまでの流れ

ご自身で申請される方へ

画像
当事務所によくあるお問い合わせが・・・
自分で申請をしたのですが不支給決定になってしまいました。
どうすればよいでしょうか?

というお問い合わせが非常に多いです。 →続きはこちら

最新情報

無料メール相談24時間受付中。メールでのお問い合わせはこちら
代表宮地昭光のブログ

ご面談可能エリア

名古屋市、一宮市、稲沢市、江南市、犬山市、瀬戸市、春日井市、小牧市、尾張旭市、岩倉市、豊明市、日進市、清須市、北名古屋市、長久手市、東郷町、豊山町、大口町、扶桑町、津島市、愛西市、弥富市、あま市、大治町、蟹江町、飛島村、半田市、常滑市、東海市、大府市、知多市、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町、岡崎市、刈谷市、安城市、豊田市など愛知県全域
岐阜市、各務原市、羽島市、大垣市、可児市、多治見市、土岐市などの岐阜県
津市、桑名市、四日市市、鈴鹿市、亀山市などの三重県

その他全国各地域については交通費実費にてお伺い致します